スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

witness electrifying climbing day

小川山(花崗岩)晴れ

[駐車スペース]
N35゜54.563' E138゚38.427'
[水晶スラブ]
N35゜54.719' E138゚38.301'
[屋根岩1峰]
N35゜54.808' E138゚38.334'


[水晶スラブ]
(スイスト)(越境者)(アバタもエクボ)
[屋根岩1峰]
(5月20日のウエディングプレゼント)終了点、ラペルステーション
エイリアン赤 3 3 0.75 1 2 エイリアン黄
を登った。

今週末も天気は晴れ。
今回は、Gucci 小川山が始めてのAlexと登った。
まずはスラブを登りに[水晶スラブ]へ。

その前に
今回、三連休という事もあり駐車スペース テン場は激混み
クライミングエリアはどれだけ混んでいるのか心配になった。

[水晶スラブ]
駐車スペース、テン場と違い人が誰もいなく快適
Alexにスラブを堪能してもらおうと3課題にヌンチャクを掛けた。

(アバタもエクボ)トライ開始
先に登った他の課題とは違い
スラブの乗り込み、きっかけ どれをどの順番で使うか考えさせられる面白い課題だった。

予定では次々登って次のエリアに行く予定だったのだが
日が少し傾く時刻までこのエリアで登った。
自分は簡単なムーブを探すべく何度も登った。
Alex、Gucciが楽しんでいたので良しとする!

[屋根岩1峰]へ。
ここでも人が誰もいなく快適だった。

(5月20日のウエディングプレゼント)
前回、直登しなかった事が気になっていたのと
イギリスのトラッドクライマーの底力をみたく選んだ。

トライ開始、岩の表面は乾いているのだが
クラックの中は状態が悪い
日差しも強く前回より登りづらかったが直登で完登!
この日、この課題は5回登りフレアーしたクラックでのハンドジャムが
わかった様な ない様な・・・
それと、エイリアン黄色 ガッツリ墜落を止めてくれました。

それからタイトルにある
衝撃的な目から鱗のクラック登りをみせてくれたのはGucciで
スイ スイスイと自分の核心をあっさり登りきっていった。
自分は今まで何をやっていたのかと懺悔するより
頑張らねばと、良いきっかけをもらった。
それと、オブザべで何処が悪い、カムはどのサイズと
的確に判断していたのも衝撃的だった。

Alex
ここでも奮闘
スラブ、クラックと力を出し切ったようで
イギリス魂をみせてもらった。
その頃には周りは真っ暗になっていて急いで下山で
今日のガイドは終わり。

風呂からGucciカレーを食べ
就寝に着いたのであった。

小川山、5月20日のウエディングプレゼント クライマー:Hiro 撮影:Alex

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hiros365

Author:Hiros365
coco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。