スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RocknRolla

セントラルリード壁に課題を設定。

今回はいつも違う方法で課題を設定した。
一本目(5.11+)、形状での足さばき意識した課題。
一度上部に上がりラペルしながら課題を設定
このやり方は始めてだったのだが上手くいった。
二本目(5.11-)、切り返し、振りを意識した課題。
グランドアップ(カリフォルニアスタイル)で
ここでこうしてと 実際ムーブをおこしテープを貼りながら登り課題を設定。
三本目(5.12-)トラルの壁(エンタープライズ社)特有の形状を利用した
自分にとって限界の距離、バランシーな課題。
これは、下からポイントごとにホールド、ムーブを考え
その後に登りながら調整して課題を設定した。

今回は、需要が多いグレードを設定した為か、自分が皆に奨めた為か
常連さん達が挙ってトライしてくれるホットな課題になった。
皆が楽しんでくれると嬉しい。それと自分には無いムーブで登ってくれる勉強になる。
そえと設定グレードも誤差が少なく上手くいった。

コンセプトを持って課題を設定すると頭を使い面白い。

その後、保さんとトーク。
今回は、(帰ってきた開拓王)杉野ジャップの話と、
そこに使われいるハンガーの話で盛り上がった。
杉野ジャンプは 何故?
それは撮影時にカンテがビショビショだったので飛んだそうだ。
とそこに使われいるハンガー 今は無いそうだが(平山ハンガー)といい
平山さんのお父さんの工場で制作されたハンガーだという話で
平山ハンガーは1 2があるそだ。それとステンレスの純度が高くとても錆に強いらしい。
一度登っている人も再度そこを意識して登ってみては?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hiros365

Author:Hiros365
coco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。