スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nuru nuru

荒川水系 滝川

(入渓)
N35゚54.201' E138゚48.849'
大滝
N35゚54.024' E138゚48.070'
(出渓)
N35゚53.861' E138゚47.277'
雁坂小屋
N35゚53.537' E138゚47.623'

出会いの丘駐車場
N35゚54.744' E138゚49.064'

今週は、豆焼沢へ行ってきた。

出会いの丘駐車場5:20→トウガク沢5:40→豆焼沢(入渓)6:00→大滝7:20→給水タンク(出渓)11:50→雁坂小屋(頂上)12:05→出会いの丘駐車場14:10

今日は、午後から天気が崩れる予報だったので

いつもより早く出発

森の中はまだ薄暗い。

入渓

バシャバシャ、バシャバシャと水をかき分け

あっという間にトオの滝が出てきた。

その後、大本命の大滝出現!

一ピッチ目、真ん中に残置ハーケン、それを使い右横に見える木に一直線

しかし、どこもかしこもヌルヌル、ツルツル

プロテクションを取りハイステップをして木に到着。

二ピッチ目、木や草、泥を掴みながら上に進む。

残置ハーケンが至る所にあるのでプロテクションには困らない。

しかし、ここもヌルヌル、ツルツル!

さらに進むと核心

深い釜と手足共にホールドしずらいセクションに

ここは立ち木を利用して登る。

その辺りで、ロープがいっっぱいになる。

そこからスダレ状まで

バシャバシャと突き進み

あっという間に給水タンクが出てきて出渓となる。


ここ豆焼沢は

最後の最後まで水が枯れず

大滝を登れば強弱も有り

藪漕ぎも無く良い沢だと思う。

今回、大滝の辺りから水温が低くなり

身体を濡らすのが辛かったが

暖かい季節に来たら更に良いと思う。

沢靴はフエルトをお勧めする。


装備(アウター/インナーパンツ アウター/インナージャケット グローブ 靴下 ベスト アクアステルス ロープ/50m ハーケン カム ハンマー GPS)
20130907_mameyakisawa.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hiros365

Author:Hiros365
coco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。