get ready

瑞牆(花崗岩)晴れ

[駐車スペース]
N35゚53.755' E138゚34.415'
[倶利伽羅]ニノ谷エリア
N35゚53.961' E138゚34.725'

[美しき日](普通の日)(美しき日スラブ)
[大黒岩](森の人)
を登った。

[倶利伽羅](カラクリ)
[夜岩](ゴールドスリープ)
駄目だった。

今日は久々の晴れ予報、
そしてオーストラリア前、最後の週末。
ハイボルダーから黒帯課題まで登ってきた。

先週に続き朝から(普通の日)
何故かアプローチの道は小川になってるし
[桃岩]は濡れていた!
「早起きは三文の徳」はどこへ?
今回はトポを見てきたので横の岩でアップ
スタートに微妙にとどかないながらに完登。
メインディッシュ(普通の日)トライ開始。
核心のホールドからのムーヴがこなせない、時間はあるのにマシンガントライ!
ガーン・・ 今回は前回のムーヴをこなすだけと思っていたのに!!できない。
合間に(コールドスリープ)ホールドを確認、ムーヴを考えトライ開始。
一手目のムーヴで指をスタックフォール
各ムーヴを実際確認。
人がちらほら集まって来たので他のエリアへ。

(カラクリ)ホールドを確認、ムーヴを考えトライ開始。リップトラバースができずフォール。
感触的に今日は無理だと感じたのと、
少し上のガバホールドが何故か使われてないので限定なのか?他の課題へ。
(森の人)トライ開始。
マット位置を誤ったが後は集中した気持ちが良いトライができた。

(普通の日)に戻り皆に混ざりながらトライ開始。
皆のムーヴを観察、ムーヴはだいたい同じ しかし核心ヒールは皆同じ所で自分とは違かった。自分も次ダメだったら取り入れようと考えたがその次のトライで完登。

オーストラリア前に登ろうと思っていたので
登れて良かった。「オーストラリア行きのチケットをゲット! トラ狩りに行ってきます。」

(Miura/La Sportiva)

瑞牆、普通の日 クライマー:Hiro 撮影:ユウコ
スポンサーサイト

Ask the stone

瑞牆(花崗岩)雨

[駐車スペース]
N35゚53.755' E138゚34.415'
[桃岩]
N35゚53.889' E138゚34.715'

[桃岩](桃源)
[夜岩](瑞牆レイバック)を登った。

[美しき日](普通の日)駄目だった。

ユウコと食事をしながら週末の打ち合わせ。
天気予報が朝9時から雨だったので夜発に決定!
いつもの様に俺パスタを詰め、今回は開拓道具を車に積み出発。

今週の瑞牆 駐車場はガラガラだった。
夜中、車を叩く雨の音に「駄目か」と思ったが
朝目を覚ますと晴れ間が!!

今週はボルダーを朝から攻めてきた。

つい最近(Instagram)で見た課題が気になって、雨が振りだすリスクがあったが朝から課題を探しに。勘で進んだ先にその課題を発見!!見付けた嬉しさに走って車に戻りユウコを起こし先ずは(桃源)、(瑞牆レイバック)と登る。何年ぶりだろうか?発表前に手書きのトポでピラニアの仲間と登って以来。

そこから沢沿を上がり今日のメインディッシュ(普通の日)へ。岩をよく観察して情報が無いので出来る限り左側からトライ開始。
奥まった場所のスタンスとヒールを使ってトラバース足が切れキャンパで頑張ったがフォール。そこからムーヴを考えながらマシンガントライ。結果から駄目だった。1度だけチャンスがあったのだがものに出来ず、その後のトライは核心ムーヴのヒールが切れまくり。最終的に決まったムーヴを早い段階で発見出来ていたら結果は違かっただろう。激しい雨により下山。開拓という雨の降りではなかったので帰宅。

帰宅後に(ROCK&SNOW No.54)を確認したら
周辺、隣にも課題がたくさんあった。
トポは確認して行きましょう。

(Katana/La Sportiva)
20160827_Mizugaki.jpg

Check

瑞牆(花崗岩)晴れ

[駐車スペース]
N35゚53.755' E138゚34.415'
[リアス式]
N35゚53.862' E138゚35.175'


[リアス式]
(ジャイアントジャムサンド)終了点、灌木
0.75 1 3 4
(海豹)終了点、灌木
2 3 F6 3
を登った。

今日は2014年秋に増、健司と一緒に開拓した[リアス式]にユウコを連れて行ってきた。
開拓時とは違いアプローチにはケルン、踏み跡がしっかりありアプローチがわかりやすくなっていた。
エリアに到着するや(海豹)を見に行く。
登られている様でチョーク跡があり、スタート地点も綺麗、初登時にあった土はなくなり登り始めも快適そう。
そこで(海豹)の由来を
開拓時、クラックや上部の倒木の間にあった土を掘り 落としスタート地点に元々あった土を含め大まかに清掃して初登をした。スタート地点が今書いた状態で足は滑る手はどろどろ体全体を使うムーヴになった自分、第二登のニシちゃんをみてそれが(海豹)に見えた事からこの名を命名したのであった。

ユウコ(海豹)トライ開始
スタート地点で初登と同じポーズ?ムーヴをしてもらい後はどの様に登るかお手並み拝見。
お見事、一撃!しっかりアクセントのセクションも自分とは逆を向くもクリア。

(ジャイアントジャムサンド)トライ開始
下部から中間部とサクサク登れたが
上部の数手が自分には全く合わないサイズ
腕全体を使い完登。頑張った。

(海豹)トライ開始
やはりスタートが快適になっていた。歩けそう。から初登とは違うムーヴで完登、後に上部をフェイスで登ったりと楽しんだ。

この日は、瑞牆にも今シーズン初霜がおりた位に冷え込んだ中 一緒に来てくれたユウコに感謝。

終了点のスリング、カラビナに異常なし。

scouting out climbing area

瑞牆(花崗岩)晴れ

[駐車スペース]
N35゚53.755' E138゚34.415'
[祭の花岩]
N35゚53.792' E138゚34.658'
[ガリガリ岩]
N35゚53.809' E138゚34.644'

[祭りの]
(カンテ)(祭の花)
[ガリガリ岩]
(ガリガリ君)
を登った。

[駐車スペース]
N35゚54.148' E138゚34.029'
[蛇岩]
N35゚54.413' E138゚34.518'

今日は午前中のみボルダリング
とは言えエリアに出発したのは11時頃だった。
なぜなら、この日は木枯し1号が吹きとても寒く快適な車内でゆっくりしてしまったから・・
後の予定が決まっているので早速[祭の花岩]を登り。メインディッシュの[ガリガリ岩](ガリガリ君)をトライ開始。
指皮が残りわずか
トゥフックがポイント、遠いムーヴだったとしか覚えてなかったのでしっかりオブザベ。
トライ
ドバン!!左肩から本気墜ち久々に頭が揺れた。
そうそう、この課題少ないマットだと怖いんだった。マットの位置を修正。
他に登りだした人のムーヴを凝視しかし前回出来なかった遠いムーヴ。あっ そうそう そこに線があるらしい。
そこまでのムーヴを他のホールドを使い組み立て直しトライやはり無理。
前回の教訓を思いだし皆と同じムーヴを
やはり顔を擦るくらい近づけたが無理。
しかしそのはるか下に指が掛かるホールドを発見。今なら保持できる。それを使い足上げリップを掴み完登。フリクション最高!
その後他のムーヴも作り充実な一時を過ごせた。

(ガリガリ君)マットの配置、ムーヴの組み立てホールドのしかた足技、足解除のタイミングと楽しい課題だった。
初登者がどちらの登りをしたのか分からないが
スローパーを使うムーヴが自分はお気に入り。

その後
静かなエリアを求め[蛇岩]周辺を探索。
トポとは違う下側の駐車スペースからアプローチの方が近い25分。
それから、その周辺には無数のボルダーが
そこには気になる大きな岩が高さ推定7、8m
ポケットがメインで最後のマントルが厳しそうな
ラインで下地は平らなのだが高さがあるのでたくさんのマットが欲しい。課題名(四辺形)と名付けた。

Sun god

瑞牆(花崗岩)晴れ
[駐車スペース]
N35゚53.546' E138゚34.471'
[カメ岩]
N35゚53.571' E138゚34.724'

(ぷりんぷりん)(頂上への階段)(バカアーサナ)
を登った。

(ほったらかし)
駄目だった。

(ぷりんぷりん)終了点、灌木
0.75 1 2 1
(頂上への階段)終了点、灌木
1 A青
(バカアーサナ)終了点、ボルト
A黄 A青 Aグレー

(バカアーサナ)
下部のアプローチを経て
中間部へ、多彩なムーヴで進み
上部のクラックゾーンへ
サイズはフィンガーなのか?エイリアンの青と黄を決めてレイバックで進むプロテクションが足下になった辺りでホールドがあまくなる
大丈夫だと気持ちを落ち着かせリップへ
その先に何があるかわからないのでエイリアングレーをを決め大切に一撃!!うれしい。

続いてメインディッシュ
(ほったらかし)トライ開始。
下部、中間部とすいすいと進む
上部の核心前と思われるホールドでレスト
呼吸を整え核心へ、なんだこのホールド!!
ない!!!他のラインも試すもない。
やはり最初のラインで進む事に「no way」
理不尽なホールドからビックムーヴ、状態もあるのかフォール!
直ぐに、あれこれ試すも何も成功しない。 悲しい。指の感覚から最初のラインだと決め降りる。

2回目トライ開始
ヌンチャクも入り下部、中間部と同じムーヴをなぞるだけ上部の核心前のホールドで息を整え核心へ、やはり保持できずフォール!!もう一度ムーヴを考えるが他のホールドを組み合わせても最初のムーヴしかない。そんなこんなで周りを見渡すと雲が下りてきていたのでその先のホールドから続ける事に ゲ!! この先のライン読めていたのだが予想に反してホールドが悪くなおかつグリコマークになるホールドの位置関係なので足さばきにも一苦労、トップアウトして回収。
久々にホールド ムーヴとしっかり考えさせられる課題にであった。


瑞牆(花崗岩)雨/晴れ
[駐車スペース]
N35゚53.546' E138゚34.471'
[カメ岩]
N35゚53.571' E138゚34.724'

(バカアーサナ)(風道)(ほったらかし)
を登った。

(風道)花崗岩らしい楽しい課題。
核心手前でフットホールドを探し出せずフォール。2回目に完登!マントルがしびれる。

(ほったらかし)
3回目トライ開始、
昨日のムーヴを思い出しながら核心へ
核心ホールドを確り握りしめ先のホールドへ
フォール。しかし昨日よりホールドが保持できる!ここのムーヴ 先のムーヴをかためて降りる。

4回目トライ開始、
下部、中間部とすいすいと進み。
核心前のホールドで指先の汗を拭い
核心ホールドを確実に保持して先へ
そこからは一手一手を決めて終了点にクリップへ。
プロフィール

Hiros365

Author:Hiros365
coco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR