スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

smile day

曇りのち雨 

11日目、頑張りました。

スタニッジ グリットストーン

(Stanage)

(Black Hawk Area)

Black Hawk Traverse Left VDiff ☆☆☆

Black Hawk Hell S 4a ☆☆☆

(Flying Buttress)

Flying Buttress Direct HVS 5b Top50

最終日、

今日も朝からグズグズな天気

しかし、今日はロンドンに戻らなけらばならないので

それを気にする事無く

テントを片付けスタニッジに出発。

道からエリアを見上げても人はまばら

お構いなくエリアに向かう

到着、岩の状態は悪くない。

そうそう

この何日かでプロテクションは少なめで行ける様になった。

しかし、

支点作りはまだ時間が掛かってしまう。

地元の人々を見ると240cmのスリングを使っているので次回は持参したい。

それと、セカンドビレイ中の風、寒さには最後まで慣れなかった。

こちらも地元の人々は半袖、タンクトップこれには参りました。

アップ開始、

グリットストーンの感触を味わいながら登る。

その後、時間も無いので

今回、最後の課題に選んでいたいた(Flying Buttress Direct)トライ開始。

無事に完登!!

下部のスラブ、

良い所から良い所まで届かいのとプロテクションが取れないので緊張した。

中部のハング、

核心、プロテクションの取る場所を考えれば怖くない。

が自分は壁側に取りすぎた。

良いホールドは遠いが足位置で何とかカバーできる。

上部のマントル

ノッペリで場所を選ばないと悪い。

この課題を登った時もそうだが

このエリア、エンジョイクライミグの人々が多く

子供やお年寄り、スクール、カップルと皆でワイワイ賑わっている。

なのでEグレードやかぶった課題を登る、用意していると

人が集まってくる。

この課題の後、何人かの人に話しかけられ

足技のポイント頑張って話した。

そんなこんなで時間をオーバーしながら

急いでロンドンに戻ったのであった。

この晩、お世話になった

サイ子と青郎とディナーに行き

今回の旅の話、次回の旅の話をしながら

楽しい時間を過ごした。






資料

ROCK&SNOW No.036 山と渓谷社

Eastern Grit ROCKFAX

NORTH WALES ROCK GROUNOUP

DRIVER'S ATLAS Britain PHILIP'S


レンタカー走行距離

800mile

スポンサーサイト

gloomy

曇りのち雨

10日目、

バーベイジ渓谷南 グリットストーン

Burbage Valley South

N53゚19.494' W001゚36.215'

(The North Quarry)

Fox House Flake VS 4b ☆☆

(The Drainpipe)

The Staircase S 4a



Fox House Parking

N53゚19.204' W001゚35.863'


E2

晴れ

9日目、いいね

バーベイジ渓谷北 グリットストーン

Burbage Valley North

N53゚20.509' W001゚36.388'

(The Chant)

20 foot crack S 4b ☆

The Cant VS 5a ☆

The Cant Direct finish E2 6a

Route3 HVD 4a ☆

(Triangle Buttress)

Baseless HVD ☆

(Remergence Buttress)

Mutiny Crack HS 4b ☆☆☆

街に

(Outside)

このお店が今回の旅で一番書籍が揃っていた


Burbage Bridge Parking

N53゚20.568' W001゚36.454'

エリアまで一番近い

2~3分で到着。

awesome view

曇りのち雨

8日目、リゾートでクライミング

イエローウォール 石灰岩

LLANDUDNO

(Yellow wall)

String of Pearls F6 Bt

Pale Shelter E1 5b

ヨーロッパ、海岸へりの白いイメージするクライミングエリア

登っている写真を撮るなら、三人が良い。

今回初の石灰岩、ボルトエリア

はっきり言って、登りはトラッドスタイルをやった後だと物足りない。

一番は日本でも石灰岩はできるからだと思う。

このエリア

ボルト間隔に慣れが必要。

終了点、他ボルトの緩みを確認しながら登ったほうが良い。

それと

始めて石灰岩をナチュプロで登ったが

岩が柔らかい?設置場所が悪い?上手くプロテクションを取るのが難しかった。


GOGARTH

霧のち雨

7日目、霧のため偵察。



ロンドンでレンタカーを借り出発。

慣れないロータリー交差点にドギマギし!

それから、ロンドン中心部は「混雑課金制度」なるものがあり

そのエリアに入るとお金を取られるので更にドギマギ!!

更に、至る所に監視カメラ、オービスこれらにドギマギを通り越し精神的に疲れながら

何とか中心部を離れ

走る、走る、走る

そこには日本には無い町並み、お城、空と

やっとこさラジオなんて聞けるくらいに慣れる。

しかし、ウェールズに近づくに連れ空の色が真っ黒

結局、エリアは霧で

懸垂ポイントを探したり、どうにかエリアを見渡せる場所を探したり

霧なので見えないのだがジタバタしながら散歩をして

ゴガースを後にした。

シークリフのクライミングをしたかったのだが

これは、また来いという事か!!

(GOGARTH Castell Helen)

N53゚18.267' W004゚41.591'

(GOGARTH Mousetrap Zawn)

N53゚18.411' W004゚41.673'


BODOWYR

N53゚17.059' W004゚31.145'

1日 テント一張 £14

芝生で平ら快適。

シャワー、ランドリー、冷蔵庫、電気が使える。

しかし、夜鍵を閉められていた。

トイレも同じ場所にあるので朝まで我慢。

(LONDON) → M1 → M6 → A55 →(Holy head) → south stack road → (south stack) 290mile

プロフィール

Hiros365

Author:Hiros365
coco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。