スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

all complete at kitagawa

北川(チャート)曇り
N35゜56.298' E139゜11.735'

(桧フェイス右)
(グリーン・オニオン)
(張り子の虎)
(秋葉大権現)
を登った。

(張り子の虎)
オブザベ時には全くラインがわからなかったが
登ってみると、よい感じでホールドが続いていた。
下部 ハング抜け時の足使いがポイント!

(秋葉大権現)
久々に超集中してトライができたのだが・・・悔いが残る。
上部での掛かりのよいホールドでホール
もう少し右側を取りに行ってたら、探る力があったらクソ!!
二便目、
下部は今シーズン流行っていたムーブ、ホールドでなく
前日、伸介さんがやっていたムーブ、ホールドでスタテックに1手、1手決めていった。
中間部ではしっかりレスト
上部、クリップ時に指が抜けてきたので
先のよいホールドまで行こうかと考えたが、そこでしっかりクリップ
その後よいホールドを保持し、その後も1手、1手確実に終了点まで登った。
やった北川の課題全部登れた!!
帰り際に頂上にある秋葉大権現に挨拶してに行って北川を後にした。
最後に知ったのだが頂上はよく日が当たりポカポカしていて快適な場所だった。
休憩時にオススメ。

まとめ
11aのテストピース(謙譲の美徳)このグレードをやっている人は目標にするとよい
ボルト間隔をふくめ楽しましてくれるはず、オススメ課題。
12aでのグレード幅が広い。
(北落師門)(ミンボー)(名無しのゴンちゃん)(バトル)(秋葉大権現)(ルンルン・ヒロシ君)(錦ヶ浦)(UV)という感じだ。
(名無しのゴンちゃん)中間部(茶摘み唄)に近づく辺の小さなカチ左に逃げず直上した。
このライン、ムーブでここに入れた。大きなムーブを必要とする。オススメ課題。
(バトル)便数がかかったのでここに入れた。
自分ムーブだと足技を駆使した3手のムーブだが、わかりづらい。大きなムーブを必要とする。
(秋葉大権現)、(ルンルン・ヒロシ君)(錦ヶ浦)とは種類が違うので比べられないが使ったホールドの感じでここに入れた。
これもオススメ課題。
(ルンルン・ヒロシ君)(錦ヶ浦)は核心が下部にあるのでこれをトライする人にはかわり無いと思うが
最後のマントル、真ん中を抜けるラインという事でこの順番にした。
(UV)これは次の日の体の感じでここに入れた。一番バキバキになった。
北川、少人数なら静かでコンパクトにまとまっているよいエリアだ
今回、久々のチャートの為か 寒日に通った為かとても指が冷たかった。特に壁左側が冷たい。
全部登れたんで大好きなエリア。
そうそう、全課題のっこして終わるリップのチェーンはラッペル用。その上に終了点がある。
Kitagawa_20140427.jpg
スポンサーサイト

legend

北川(チャート)曇り

N35゜56.298' E139゜11.735'

(もうすぐ七夕)
(グリーン・オニオン)
(錦ヶ浦)
(名無しのゴンちゃん)

を登った。

(グリーン・オニオン)
で事件が!!
トラバース後にある小さな穴でそれはおきた。
前回の様にその穴に手を伸ばすと
中から「シャー・シャー」と何か生き物の音が
聞き間違いかと思ったがやはり中から「シャー・シャー」と音が
蛇か何か怖いので飛び降りる。
他のホールドで上部に抜け
クライムダウン、その穴を観察するも中には何もいない。
それどころか、音すらしなくなり。
皆からは嘘だ何だと誰も信じない。
何だったのか・・・

(錦ヶ浦)
手順をおさらいして
足順をしっかり決めながら
レストポイントへそこでしっかり休み
終了点へ。

(名無しのゴンちゃん)
オブザべでやな予感、ホールドが追えない。
登り出せばサイド、アンダーホールドとあり
ぐいぐいと進めるが
ハング抜け口で行き詰まる。
そのアンダーから行ったり来たり
何とかヌンチャク掛、ロープクルップまでできるも
腕はパンパン一気に勝負をかけ体を上げるも
次に狙ったホールド、目測的に失敗
そのままホール
悔し~
そこからのムーブを固めるも
そのホールドには一気にとどかないと判断
全く使われていないホールドで繋ぐ事に
それを使い
二便目に完登。
この課題、オススメです。

タイトル
今日の北川に木村伸介さん、理惠さんがこられていた。
伸介さん悪い悪いといいながらグイグイ登っていたかっこいい。
帰り際に伸介さんに質問
オンサイトトライ、壁に入り行き詰まったらどおするかという質問をした。
岩の形状を観察すると見極めるとの事だった。

それと、今回の岩場にいた他のグループの発言にビックリ
伸介さん、理惠さんを知らない様で
この課題を登った女性の方強かったねと
恐れ入りました。
Kitagawa_20140426.jpg

Defeat

北川(チャート)曇り

N35゜56.298' E139゜11.735'

(桧フェイス右)
(グリーン・オニオン)

を登った。

(錦ヶ浦)

駄目だった。

今回の北川は電車で向かった。
西吾野駅から30分位歩きエリアに到着
先週まで綺麗に咲いていた桜はもう終わり。
途中の道は濡れていてなおかつ寒かった。

(グリーン・オニオン)
北落師門から入り、中間部をトラバースしてルンルン・ヒロシ君に入る
中間部のトラバース ボルトが無い
下からの予想でガバなんだろうと登り出す
結論はガバで足がしっかりある。
だが初見は怖いものだ。

(錦ヶ浦)
ルンルン・ヒロシ君から入り
そのまま直上する課題
当初は(ダイバー)という課題だった様だ。

一便目
トライ開始
下部はルンルン・ヒロシ君で登っていたのだが足順を間違え
修正できずホール。
そのまま上部までヌンチャク掛け
ついでに使えるホールドを探りムーブを組立。
下部核心、上部はガバ。
ゆっくりレスト入れながら登れば大丈夫だろう。

二便目
やってしまった
剥がれながら進むも
やはり修正できずホール
悔しい。

そのまま回収して帰宅。

Kitagawa_20140420.jpg

13/18

北川(チャート)晴れ

N35゜56.298' E139゜11.735'

(もうすぐ七夕)
(謙譲の美徳)
(UV)

を登った。

今日の北川は
アプローチの道は濡れていたが
岩は乾いていて気温もあり。
岩、体とコンディションはよかった。

いつもの様にゆっくりアップをしていると
ヤマダさんが、早くもルンルン・ヒロシ君をトライし始めてたので
こちらも今日のメインディッシュへ

(UV)
雨宿りのエクステンション
雨宿りが先かUVが先かは知りませんが。
トライ開始
先週、イワサキさんが登っていたので
それをナゾルだけ。
そこに落とし穴が

一便目
バン、バン、バンと行くも
順番がありホール。
ラインがわかっていて、オブザべでホールドも位置もわかっていたので
手順、ホールド方向をよく考えず
バン、バン行ってしまったのが原因。

二便目
そこを修正して完登。

最近
オンサイト 一撃率が下がっているのを実感した
日だった。

Done

北川(チャート)晴れ

N35゜56.298' E139゜11.735'

(エントランス)
(茶摘み唄)
(謙譲の美徳)
(バトル)

を登った。

(謙譲の美徳)

5.11Aのテストピース

これが11Aの標準?!

わからないが核心部のホールドが自分の法則に当てはまらなかった。

これは良い課題だ。

降りてきて

保持できないホールドでクリップいていたと言われた わからん??

(バトル)

中間部の大レスト後が勝負の課題

小技を多用した。

それと、ヌンチャク掛と登る動きがを一連にできなかった。

一便目、目の前にある真っ白のアンダーを持つ動きがわからずホール。

二便目、やはりアンダーを持つ動きがわからずホール

ふと右上を見上げると、いい距離にティックマークが薄らあったので

これを取る動きを作り

三番目、夕暮れが迫る中何とか完登!

集中した登りができた。

そうそう、久しぶりにお父さんになったP君に会う。

Kitagawa_20140413.jpg
プロフィール

Hiros365

Author:Hiros365
coco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。