If

小川山(花崗岩)晴れ

[駐車スペース]
N35゚54.563' E138゚38.427'
[ソラマメスラブ]
N35゚54.818' E138゚38.221'

[ソラマメスラブ]
(ソラマメハング)(裏ジェットストリーム)
(ソラマメハング・スーパー)
[ダンナ岩Ⅱ](シナプス)
を登った。

ミートソースをマグに詰め深夜に出発。
世の中は盆休みなので混雑を予想して早めに小川山入り。仮眠から覚め周りを見渡すと駐車スペースはなくなっていた。

今日は日陰だったと思う[ソラマメスラブ]へ
エリアに着くなり日が当たるのを思い出し
テンポよく課題を登り始めたがアップを済ませた頃には太陽SunSun
(裏ジェットストリーム)トライ開始。
パンプしたがうまく腕を回復させOS。
(フィロソフィー)を長くした様な課題、ルート要素が多く楽しい。
前から気になっていたのだがスタートのイメージがつかなかった(ソラマメハング・スーパー)トライ開始。
ホールドを保持して目の前に出てくるホールドを繋げOS!
サッチンがメトリウスムーブでスタティックに(シナプス)ができるというので・・・
無理みたい。
(シナプス)トライ開始。
一瞬で決まった!距離は出ていた様だがフォール。
感覚では引きつけたら目の前に次のホールドって感じだったので
二回目、思いきって!指先に何かが、しかしフォール。
行き先がガバだと言うので探りに本当にあった。
そこから逆算 身体が壁に着いてギリギリ届く感じ・・
三回目、勢いよく飛び出たが手足が切れてしまいフォールどうしよう?
時間を明け四回目、やはり手足が切れてしまう。
そこで別のムーブを飛び出しホールドに足を乗せ途中にあるカチを中継から、おくる作戦!
できそうだが指の消耗が激しく辛いがこのムーブを試したが元のムーブに
どちらにするか迷ったが皆と同じムーブで登る事を決めた回に上部の手順に手こずるもRP!

(Miura/La Sportiva)

小川山、シナプス クライマー:Hiro 撮影:サッチン
20160813_Ogawayama.jpg
スポンサーサイト

Bee Busters

小川山(花崗岩)晴れ

[駐車スペース]
N35゚54.563' E138゚38.427'
[キツネ岩]
N35゚54.490' E138゚38.157'

[最高ルーフ左の岩](最高ルーフ見学ルート)
[キツネ岩](チャッカリどん兵)(よたきつね)
を登った。

ヤスエさんとキツネ狩り。
エリア集合だったのでアプローチ途中にある
(最高ルーフ見学ルート)でアップ。
しかし3本目のクリップが上手くいかず決死のクライミング4本目に何とかクリップ無事にOS!
降りてきた自分にユウコは「死ぬかと思った」と言った。

その後 今日のメインディシュのある[キツネ岩]へ移動。先に着いていたヤスエさんタナカさんがすでにアップを済ませ(チャッカリどん兵衛)もトライし終わっていたのに驚いた。
急いで用意をする自分とヤスエさんの話で
アップ前に蜂の巣を駆除したとの事に二度びっくり!!と共にありがとうございました。
帰りにも若干、蜂の出入りが有ったのでFixedロープ下の土穴に注意。
(チャッカリどん兵衛)トライ開始。
スタート前にOSしてとヤスエさんに言われたのでいつも以上に気合いを入れ登ったのだが
ホールドの形状やバランスで選んだ一手が間違いでフォール!!その先のムーヴを作り降りる。
ヤスエさんトライ開始。
自分とところどころムーヴが違う。
しっかりレストを挟みRP!流石ベテラン登りをインプット。
二回目トライ開始。
登り始める前にヤスエさんムーヴに修正するか迷ったが駄目だったら変更しようと決めトライRP。
(チャッカリどん兵衛)足さばきが楽しい課題だった。
その後、ユウコがトライしていた(よたきつね)をトライ!この日も灼熱スラブ地獄RPになってしまった。ユウコもRPおめでとう。
(よたきつね)ラインや手順、足順といろいろある課題だった。
(ニャンドリー)ワイド、スラブ技術と手強い課題だった。この面の課題は今の季節午前中にトライするのをお奨めする。

(Miura/La Sportiva)
20160811_Ogawayama.jpg

Melt Melt Melt

小川山(花崗岩)晴れ

[駐車スペース]
N35゚54.563' E138゚38.427'
[キツネ岩]
N35゚54.490' E138゚38.157'

[最高ルーフ左の岩](白糸)
[キツネ岩](ニャンドリー) 3
を登った。

[お殿様岩](しのび)
駄目だった。


「早起きは三文の徳」日の出とともにヤスエさんと(しのび)を登りに。
誰もいない[クジラ岩]を横目にてくてく歩く。
まずは(白糸)を登り身体を起こす。
さっそく今日のメインディシュ(しのび)へ
先ずはヤスエさんがトライ。やはり同じ所で悩んでいる。このブランクセクションをどうするか楽しみだったが、やはりフリクションがよくなってからと判断?先に進んだ様だった。
中間から 最後のマントルはあっさり流石ベテラン。降りてきて「岩茸落としが足りない」と一言!
(しのび)トライ開始。
前回と同じ所でフォール!!
周辺を掃除して再度トライするもやはり
ブランクセクションが・・・
自分も先に進みマントルに。
ここのムーヴをかため次回に持ち越し。
しかし、今日の日差しは数週間前とは比べものにならないくらい暑かった。

休憩をしていると
中根さんが来られたので
(ニンジャ)列びの新しい課題について聞いた。
名前は(くのいち)グレードは12+との事だった。

前回に続き面白い話を聞いた後に[キツネ岩]に移動。アプローチわかりづらかったが直感で到着。
ケルンを積んでおいた。
荷物を下ろしここでのメインディシュ(チャッカリどん兵)にヤスエさんが向かった時に事件が!
な なんと蜂の襲撃で頭と脚を刺されてしまう。ポイズンリムーバー 坑ヒスタミン剤 痛み止めで対処、大丈夫だと言っていたがとても痛そうだった。様子を見た後 落ち着いたら登るとの事なので(ニャンドリー)トライ開始。
まさかの下部のワイドでフォール!!
中間部でもフォールと壁がちんちんに熱くてといいわけ。こんな事は初めだったのだがシューズのソールが熱で柔らかくなりふめない。
下に降ろしてもらう。
日が陰りだした夕方RP
上部は日に当たっていたが気合いを入れ登った。
勝因はソールのマネージメント。

(Miura/La Sportiva)

resin resin resin

小川山(花崗岩)晴れ

[駐車スペース]
N35゚54.563' E138゚38.427'
[最高ルーフの岩峰]
N35゚54.558' E138゚38.167'

[最高ルーフ左の岩]
(白糸)
[最高ルーフの岩峰]
(笠間のピンキー)終了点、ラペルステーション 残置ビナ
(最高ルーフ)終了点、ラペルステーション 残置ビナを登った。

[最高ルーフの岩峰]
(サウスポー)終了点、スリング 残置ビナ
駄目だった。


今週のターゲットは(サウスポー)
終了点の位置が残念で回収も大変。
良い意味でムーヴも大変。
な課題だった。
昼過ぎから登りだしたのだが回収を含め
下部に降りれたのは夕方、俺パスタは晩飯になってしまった。

計画は(笠間のピンキー)から(バイパス)(サウスポー)

(サウスポー)トライ開始。
久々の(笠間のピンキー)レイバックで。
そうそう当日お会いしたあき子さんに聞いてみた「笠間のピンキー初登時ボルトはあったのですか?」あき子さん「RCCがあったと、無かったら大変じゃないと」の事だった。 がせ情報には注意!
話がそれだが3ピッチ目、(最高ルーフ)と分れる所でカムとりでしくじりフォール!
ここからルーフ出口フレアーハンドまでと
そこからクロス、ガバからの一手とパーツパーツはわかったが手強いムーヴが続く、もっと効率、確率がよいムーヴが見付からないと駄目だろう。
因みに当日会ったあき子さん、純一さんレジェンド達皆が難しいと言っていた。

(Katana/La Sportiva)

heehaw

小川山(花崗岩)晴れ

[駐車スペース]
N35゚54.563' E138゚38.427'
[哲学岩]
N35゚54.446' E138゚38.338'

[漆岩](縦ダイク)
[コブ岩](コブ頭)
[茄子岩](長茄子)
[葱石](玉葱左)
[芋岩](干芋)
[柿岩](干柿)
[葉月岩](金環蝕)
その他スラブ、マントル課題と
登れそうなラインを登った。

[葉月岩](小川山マントル)
駄目だった。


起床後 朝食を食べながらどのエリアに行くかガイドブックとにらめっこ。
他のエリアから転戦してきた皆もハッキリした目標課題が無いようでうろうろしてる様に見えた。あそんなこんなしてる間に夏の日差しで気温が上がりだしたので日陰のボルダーエリアに決定。
膝の負担を考え高さのない[親指岩下ボルダー]へ。

最強課題(長茄子)トライ開始。
スタート、ムーヴとサッパリわからない。
一撃失敗
マイクロカチからスタート、薄いデュアルポケットを使い数トライ後に完登。

(金環蝕)トライ開始。
明確なホールドからホールドへ
一撃!!「heehaw!!!」

(小川山マントル)トライ開始。
スタートはコブのあるここだろうと飛びつくもふられてマットの外に・・・
ダブルダイノも上手くいかずスタートができないのでやめた。

(Miura/La Sportiva)
プロフィール

Hiros365

Author:Hiros365
coco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR